G1 第61回 四国地区選手権競走 丸亀競艇場

2018年2月14日

 

G1 第61回 四国地区選手権競走 丸亀競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 林美憲 徳島

2号艇 島村隆幸 徳島

3号艇 片岡雅裕 香川

4号艇 森安弘雅 香川

5号艇 三嶌誠司 香川

6号艇 中田元泰 香川

 

進入 1(10)・2(15)・3(11)・4(18)・5(17)・6(14)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−6−3−5−2−4

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−6 2450円 8番人気

2連勝複式 1=6 1850円 5番人気

3連勝単式 1−6−3 9210円 30番人気

3連勝複式 1=3=6 2100円 8番人気

拡連複 1=6 490円 7番人気

    1=3 230円 4番人気

    3=6 1420円 14番人気

単勝 1 120円

複勝 1 140円

   6 1030円

 

[100文字回顧録]

進入は枠なり、1(10)・2(15)・3(11)・4(18)・5(17)・6(14)

トップスタートはイン1号艇 林美憲。

そのまま押し切って、久しぶりの記念制覇だ(∩´∀`)∩

3コースの3号艇 片岡雅裕がコンマ11のスタートから握ろうとしたが、2コースの2号艇 島村隆幸に張られた。

ここで2番手に躍り出たのは、5コースから「まくり差し」た5号艇 三嶌誠司。

さすがのSG覇者(*´з`)

その外から、2号艇 島村が追う展開に。

むかえた1周2マーク、5号艇 三嶌が外の2号艇 島村を牽制する間に、最内差し伸びていたのは6号艇 中田元泰。

5号艇 三嶌、2号艇 島村に気を取られ過ぎた( ;´Д`)

2番手ターンするべく内へ動くが、6号艇 中田に艇を合わせられて後退してしまう(ノД`)・゜・。

先に回して差し返した方が良かったかも。

中継で上から見た感じでは、明らかに間に合うタイミングではなかった。

これで2着浮上は、6号艇 中田。

5号艇 三嶌は外に流れてしまった。

そこに、1周2マーク小回りで3号艇 片岡が3着争いに加わる。

2周2マーク、6号艇 中田の内に3号艇 片岡が届いていた。

角度はきついが2番手でターン!!

6号艇 中田が冷静に差し返して2着確定(*´з`)

3号艇 片岡は外に膨らみ、その内に5号艇 三嶌が差しこんだ。

2周バック、間隔をあけて外に3号艇 片岡・内に5号艇 三嶌。

2周2マーク、5号艇 三嶌が内から先マイするが、3号艇 片岡はすでに舳先がターン出口に向いていた。

ここで3号艇 片岡が3着確定させた。

3連単 1−6−3は、9210円 30番人気。

今日の優勝戦は、地区選にしては高配当決着で終わった。