G1 第4回ヤングダービー 蒲郡競艇場

2017年9月24日

 

G1 第4回ヤングダービー 蒲郡競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 中田竜太 埼玉

2号艇 木下翔太 大阪

3号艇 大上卓人 広島

4号艇 片橋幸貴 滋賀

5号艇 椎名豊 群馬

6号艇 仲谷颯仁 福岡

 

進入 1(09)・2(06)・3(07)・4(06)・5(08)・6(08)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−6−3−2−5(落水)−4(妨害)

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−6 1370円 6番人気

2連勝複式 1=6 1310円 5番人気

3連勝単式 1−6−3 5420円 20番人気

3連勝複式 1=3=6 1300円 7番人気

拡連複 1=6 290円 5番人気

    1=3 130円 1番人気

    3=6 560円 11番人気

単勝 1 130円

複勝 1 110円

   6 300円

 

[100文字回顧録]

進入は枠なり、1(09)・2(06)・3(07)・4(06)・5(08)・6(08)。

全艇0台の踏み込み(∩´∀`)∩

インの1号艇 中田竜太がコンマ09でスタートは一番遅かった。

が、G1タイトルホルダーの貫禄を見せつけ、イン「逃げ」完勝!!

2コース2号艇 木下翔太の「差し」は流れる。

「まくり差し」狙った3号艇 大上卓人は、流れた2号艇 木下に前ふさがれ後退(´・ω・`)

2番手浮上は、4コースから「差し」た4号艇 片橋幸貴。

その後ろは、内に大外から「差し」た6号艇 仲谷颯仁、離れた外に2号艇 木下。

1周2マーク、4号艇 片橋が全速旋回行くが、ターンマークに寄り過ぎたか一度ハンドル切り直したように見えた(;^ω^)

ここでも2着は、4号艇 片橋。

3番手争いは内外入れ替わって、内に2号艇 木下・外に6号艇 仲谷。

2周1マーク、3番手から2号艇 木下が切り返しに行く。

ここで4号艇 片橋がまたまたハンドル入れすぎたか、ターンマークに接触!!

失速したところに2号艇 木下が乗り上げ、さらに後ろから5号艇 椎名豊が突っ込んできた( ;´Д`)

この展開から抜け出したのは、6号艇 仲谷。

外からターンマーク際を突いており、事故に巻き込まれずに2着浮上。

3着は、接触しながらも抜けてきた3号艇 大上。

この事故で、4号艇 片橋が妨害失格( ;´Д`)

5号艇 椎名は落水( ;´Д`)

2号艇 木下は、レースに戻って最後方の4着。

3連単 1−6−3は、5420円 20番人気。

SGタイトルホルダーのいないヤングダービー。

プレミアムG1って( ;´Д`)