G1 宮島チャンピオンカップ 開設64周年記念競走 宮島競艇場

2018年5月15日

 

G1 宮島チャンピオンカップ 開設64周年記念競走 宮島競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 赤岩善生 愛知

2号艇 辻栄蔵 広島

3号艇 峰竜太 佐賀

4号艇 前本泰和 広島

5号艇 篠崎元志 福岡

6号艇 坪井康晴 静岡

 

進入 1(09)・2(12)・3(12)・4(13)・5(11)・6(10)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−3−5−2−4−6

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−3 320円 1番人気

2連勝複式 1=3 270円 1番人気

3連勝単式 1−3−5 2110円 7番人気

3連勝複式 1=3=5 1190円 4番人気

拡連複 1=3 200円 3番人気

    1=5 490円 8番人気

    3=5 520円 9番人気

単勝 1 140円

複勝 1 120円

   3 110円

 

[100文字回顧録]

進入は枠なり、1(09)・2(12)・3(12)・4(13)・5(11)・6(10)

スタートはほぼ横一線。

1号艇 赤岩善生が先マイ!!

奇数号艇が握って攻める(´・ω・)

地元広島支部の2号艇 辻栄蔵と4号艇 前本泰和は「差し」。

大外6コースの坪井康晴も最内を「差し」た。

バックに出て先頭は1号艇 赤岩。

握った艇も差した艇も届いておらず、そのまま2マークも先マイし優勝だ\(^o^)/

久しぶりのG1優勝で、これでG1は6勝目。

2着争いは、1マーク握った3号艇 峰・まくり差しの5号艇 篠崎元志・2番差しの前本。

地元の2号艇 辻は3号艇に引き波にのり後退(;^ω^)

バック中間では握った3号艇 峰が5号艇 篠崎の頭を抑え込む。

しかし、4号艇 前本まではしぼれない( ;´Д`)

1周2マーク、内の4号艇 前本が有利な展開だったが、3号艇 峰がここでも全速で握ってきた!!

4号艇 前本も牽制気味に旋回していたが、3号艇 峰はその外を旋回した。

2周ホームに出ると、2着は3号艇 峰が一歩前。

しかし、5号艇 篠崎が差し返しのターンから内差し伸びてきた。

2周1マーク、3号艇 峰が5号艇 篠崎をギリギリ抑えての2番手ターン。

後ろはSGウィナーがハイレベルな競り合いを展開していた( ;´Д`)

後ろから2号艇 辻は突っ込んでくるは、4号艇 前本は握るは、6号艇は差すは。

そんな中、差した5号艇 篠崎。

バックでは2番手3号艇 峰、その後方で外に4号艇 前本・内に5号艇 篠崎が並走。

さらに離れて内側から6号艇 坪井が差し伸びる。

2周2マーク、6号艇 坪井が内から先マイし、5・4号艇が続けて差し返す。

この6号艇 坪井のターン、2番手航走の3号艇 峰にも影響した。

3号艇 峰が大きく回り過ぎたか、5号艇 篠崎が急接近\(◎o◎)/!

かつて、SG優勝戦で競り負けた時のような・・・。

いやいや、今やSGウィナーの3号艇 峰。

今回は、しのいで2着競り勝ちました!!

5号艇 篠崎は3着まで。

3連単 1−3−5は、2110円 7番人気。

選手のレベルが高いほど、「前を走る艇が有利」という競艇の特性が出る。

一般戦になると、判断ミス・ターンミスなどがありこの前提が崩れがち(;^ω^)そんな気がする。