SG 第23回賞金王決定戦/シリーズ戦 住之江競艇場

2008年12月23日

 

SG 第23回賞金王決定戦/シリーズ戦 住之江競艇場

 

第12R 決定戦優勝戦

 

1号艇 井口佳典

2号艇 松井繁

3号艇 湯川浩司

4号艇 濱野谷憲吾

5号艇 瓜生正義

6号艇 吉川元浩

 

進入 1(12)・2(16)・3(19)・4(18)・5(22)・6(23)の枠なり進入

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−4−6−2−3−5

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−4 670円 3番人気

2連勝複式 1=4 570円 3番人気

3連勝単式 1−4−6 2870円 11番人気

3連勝複式 1=4=6 1860円 9番人気

拡連複 1=4 250円 3番人気

    1=6 320円 4番人気

    4=6 820円 13番人気

単勝 1 130円

複勝 1 100円

   4 220円

 

[100文字回顧録]

進入は枠なりに、1(12)・2(16)・3(19)・4(18)・5(22)・6(23)。

インからトップスタート!!

1号艇 井口佳典が「逃げ」て賞金王V\(^o^)/

2着には、4コースから「差し」てきた4号艇 濱野谷憲吾が、後続を振り切って入った。

3着は、2号艇 松井繁と3号艇 瓜生正義が競るかたち。

2周1マーク、内から先マイの2号艇 松井と外握った3号艇 瓜生が、少しだけ接触したように見えた(´・ω・`)

その内へ、5番手から6号艇 吉川元浩が「差し」を放ち、一気に浮上!!

2周2マーク、内へ切り返してきた3号艇 瓜生を回して、差した吉川が3着確定(・´з`・)

3連単1−4−6は、2870円 11番人気。

3着にあがった吉川は、普通のサラリーマンの年収ほどの金額を、あの1マークで上積みしたはず(;^ω^)

なんということだ!!

良いお年をお迎えください(^O^)/

SG 第23回賞金王決定戦/シリーズ戦 住之江競艇場

2008年12月23日

 

SG 第23回賞金王決定戦/シリーズ戦 住之江競艇場

 

第10R シリーズ優勝戦

 

1号艇 田中信一郎

2号艇 笠原亮

3号艇 中島孝平

4号艇 山口剛

5号艇 池田浩二

6号艇 倉谷和信

 

進入 1(01)・6(15)・2(21)・3(04)・4(09)・5(22)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−3−6−5−2−4

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−3 390円 1番人気

2連勝複式 1=3 340円 1番人気

3連勝単式 1−3−6 2420円 8番人気

3連勝複式 1=3=6 960円 4番人気

拡連複 1=3 160円 1番人気

    1=6 260円 4番人気

    3=6 600円 9番人気

単勝 1 120円

複勝 1 100円

   3 130円

 

[100文字回顧録]

6号艇 倉谷和信がインを狙うも、1号艇 田中信一郎が譲らず。

並びは、1(01)・6(15)・2(21)・3(04)・4(09)・5(22)。

倉谷に前付けで進入深くなるも、イン田中がコンマ01のスタートから「イン逃げ」成功(^O^)/

たまたま残ったのか、時計が見えていたのか謎だが、勝負強さを見せつけた!!

2着には、4コースから3号艇 笠原が「まくり差し」て入着。

4号艇 山口が全速で追うが、2周1マークで山口が大きく流れた(´・ω・`)

そこに、今度は6号艇 倉谷が4号艇 山口に接近!!

2周2マークはしのいだものの、むかえた3周1マーク、6号艇 倉谷が張ってまわり4号艇 山口は振り込んだ(´・ω・`)

山口は最後尾に落ちた。

3着は、6号艇 倉谷が逆転。

3連単1−3−6は、2420円 8番人気。

 

 

G1 モーターボート大賞 津競艇場

2008年12月14日

 

G1 モーターボート大賞 津競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 松井繁

2号艇 今村暢孝

3号艇 今垣光太郎

4号艇 吉川元浩

5号艇 上瀧和則

6号艇 森高一真

 

進入 1(15)・5(16)・2(19)・3(20)・4(18)・6(22)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−4−3−2−6−5

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−4 370円 1番人気

2連勝複式 1=4 250円 1番人気

3連勝単式 1−4−3 1280円 1番人気

3連勝複式 1=3=4 440円 1番人気

拡連複 1=4 140円 1番人気

    1=3 270円 4番人気

    3=4 280円 5番人気

単勝 1 140円

複勝 1 120円

   4 140円

 

[100文字回顧録]

5号艇 上瀧和則が2コース進入。

並びは、1(15)・5(16)・2(19)・3(20)・4(18)・6(22)。

イン1号艇 松井繁が、好相性の津で当然のように「逃げ」を決めて優勝!!

これで松井は、津の周年記念つつじ賞「4V」\(◎o◎)/なんてこったい

2着は、5コースから「まくり差し」てきた4号艇 吉川元浩。

3着には、3号艇 今垣光太郎。

道中、2号艇と6号艇も合わせた3艇での接戦になるも、自力に勝る今垣が捌き勝ち\(^o^)/

3連単1−4−3は、1280円 1番人気。

松井は、津競艇場が走りやすくて仕方ないようす(*´з`)

G1 競帝王決定戦 開設54周年記念競走 下関競艇場

2008年12月9日

 

G1 競帝王決定戦 開設54周年記念競走 下関競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 笠原亮

2号艇 柏野幸二

3号艇 矢後剛

4号艇 今村豊

5号艇 赤岩善生

6号艇 濱野谷憲吾

 

進入 1(18)・2(14)・4(16)・5(21)・6(26)・3(17)

()内は、スタートタイミング

最終着順 6−2−3−1(妨害)−4(エンスト)−5(転覆)

決まり手 差し

 

【払戻金】

2連勝単式 6−2 9650円 27番人気

2連勝複式 2=6 3700円 13番人気

3連勝単式 6−2−3 46220円 112番人気

3連勝複式 2=3=6 2760円 14番人気

拡連複 2=6 590円 13番人気

    3=6 450円 10番人気

    2=3 300円 3番人気

単勝 6 1520円

複勝 6 200円

   2 290円

 

[100文字回顧録]

チルト3度にはねた3号艇 矢後剛は大外6コース。

ピット離れ遅れた1号艇 笠原亮は、前付けの形になり深めのイン戦。

スタート!!

大外の3号艇 矢後が、グングン伸びて「まくり」に行った\(^o^)/ひゃー

しかし、若干流れる(-_-;)

1号艇 笠原が、1マークで失速し5号艇 赤岩善生が乗り上げて転覆(´・ω・`)

そこに4号艇 今村豊が絡み、今村エンスト(´・ω・`)

ここで先頭に立ったのは、早々に矢後にまくられた6号艇 濱野谷憲吾だった!!

2マーク先頭でターン。

2着には、2周ホームで内から矢後に舳先かかっていた2号艇 柏野幸二。

1マーク事故艇があり、内優先で2着確定。

3連単6−2−3は、46220円 112番人気。

1号艇 笠原、ピット離れ遅れるは、1マーク妨害失格になるわで、一人ドタバタ(´・ω・)

何してるの(´・ω・)?

SG 第11回競艇王チャレンジカップ 浜名湖競艇場

2008年11月30日

 

SG 第11回競艇王チャレンジカップ 浜名湖競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 坪井康晴

2号艇 作間章

3号艇 笠原亮

4号艇 田中信一郎

5号艇 赤岩善生

6号艇 吉川元浩

 

進入 1(12)・2(21)・3(25)・4(14)・5(12)・6(11)の枠なり進入

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−6−4−5−3−2

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−6 640円 3番人気

2連勝複式 1=6 540円 3番人気

3連勝単式 1−6−4 1970円 7番人気

3連勝複式 1=4=6 560円 1番人気

拡連複 1=6 230円 3番人気

    1=4 130円 1番人気

    4=6 460円 10番人気

単勝 1 120円

複勝 1 130円

   6 300円

 

[100文字回顧録]

賞金王決定戦へのラストチャンス!!

進入は枠なり、1(12)・2(21)・3(25)・4(14)・5(12)・6(11)。

勝ったのは地元静岡の1号艇 坪井康晴。

しかし道中危なかった(;^ω^)

2周2マーク、ターンがバウンドし少し流れたところへ、6号艇 吉川元浩の「差し」が坪井のすぐ後ろまで迫る\(◎o◎)/!

すぐに吉川の前をしめてギリギリセーフ(-_-;)

少しでも前をしめるのが遅かったら、6号艇 吉川の舳先がかかっていただろう。

3着は、2周1マーク回った時点で、5号艇 赤岩がセーフティーリード!!

が2周2マーク、こちらは4号艇 田中信一郎の「差し」がささった\(◎o◎)/!

赤岩の油断がみえた。

3連単1−6−4は、1970円 7番人気。

2マークでのターンが重要な要素になった一戦。