2017年12月 SG/G1優勝戦回顧録 その1

2017年12月5日

 

G1 尼崎センプルカップ 開設65周年記念競走 尼崎競艇場

 

第12R 優勝戦 

 

1号艇 松井繁 大阪

2号艇 芝田浩治 兵庫

3号艇 田村隆信 徳島

4号艇 田中信一郎 大阪

5号艇 茅原悠紀 岡山

6号艇 平田忠則 福岡

 

進入 1(14)・2(17)・3(11)・4(09)・5(06)・6(15)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−4−3−6−5−2

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−4 390円 3番人気

2連勝複式 1=4 450円 3番人気

3連勝単式 1−4−3 1440円 8番人気

3連勝複式 1=3=4 610円 3番人気

拡連複 1=4 190円 2番人気

    1=3 200円 3番人気

    3=4 400円 7番人気

単勝 1 110円

複勝 1 100円

   4 100円

 

[100文字回顧録]

進入は枠なり、1(14)・2(17)・3(11)・4(09)・5(06)・6(15)

スタートタイミング的には、ダッシュ4・5コースが良かった。

が、スリット後に出て行くことはなかった(;^ω^)

イン1号艇 松井繁が「逃げ」を決めた!!

これで尼崎競艇場の周年記念は5V目、G1優勝は全部で57回( ;´Д`)がび〜ん

ついでに、SGはV12( ;´Д`)なんてこったい

実況で、総優勝回数が125回って言ってたから、半分以上がSG・G1の優勝。

あわわのわ〜( ;´Д`)

2コースの2号艇 芝田浩治がスタートでやや凹み、3コース3号艇 田村隆信が「まくり差し」を狙う。

しかし、ターンの出口で舳先が浮いてしまい不発。

一方の1号艇 松井は、出足良く一気に後続を引き離した。

2着争いは、最内から6号艇 平田忠則が差し伸ばして、2番差しの4号艇 田中信一郎の内へ並ぶ。

しかし、6号艇 平田、1周2マークでターンミス(;^ω^)流れた

これをきっちり差し返した4号艇 田中信一郎が、2着。

「まくり差し」不発に終わった3号艇 田村が、1周2マーク先マイの6号艇 平田の外を握ってまわり、ここで3着。

このまま、周回重ねてゴール。

3連単 1−4−3は、1440円 8番人気。

大阪支部の松井繁・田中信一郎が調子を上げてきた!!

賞金王V4達成、あるかもしれない。

 

 

 

2017年12月11日

 

G1 全日本王座決定戦 開設65周年記念競走 芦屋競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 峰竜太 佐賀

2号艇 藤岡俊介 兵庫

3号艇 羽野直也 福岡

4号艇 新田雄史 三重

5号艇 吉永則雄 大阪

6号艇 平本真之 愛知

 

進入 1(10)・2(06)・3(04)・4(11)・5(10)・6(15)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−3−4−6−2−5

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−3 320円 1番人気

2連勝複式 1=3 270円 1番人気

3連勝単式 1−3−4 850円 1番人気

3連勝複式 1=3=4 420円 2番人気

拡連複 1=3 150円 1番人気

    1=4 160円 2番人気

    3=4 390円 8番人気

単勝 1 110円

複勝 1 100円

   3 150円

 

[100文字回顧録]

進入は枠なり、1(10)・2(06)・3(04)・4(11)・5(10)・6(15)

トップスタートの3コース、地元の3号艇 羽野直也が「まくり」に行った!!

バックに出て、イン1号艇 峰竜太より前にいた(∩´∀`)∩

前をしぼって優勝だ!!

と思ったら、1号艇 峰の舳先がほんの少しかかるや外へ艇を持ち出した( ;´Д`)えぇっ

平和島競艇場みたいに斜航?斜行?を厳しくとられるのか!?

1周2マーク、1号艇 峰が内から先マイのターン。

3号艇 羽野は差し返し狙うがターンマークに接触しそうになり、切り返したか( ;´Д`)

2周ホームで1号艇 峰が先頭。

3号艇 羽野は2艇身ほど後ろ。

2周1マーク、1号艇 峰がきっちり旋回し、ここで勝負あり。

1着は、1号艇 峰。

3号艇 羽野は、2着。

3着には、4号艇 新田雄史。

2周1マーク、2号艇 藤岡俊介が内から接近の、6号艇 平本真之を包んでかわそうとしたが大きく回り過ぎ。

3着優勢だったが一気に5番手へ(´・ω・`)

ここで、ターンマーク際を差した4号艇 新田が、小回りの6号艇 平本の内へ入った。

バックに出て内から、4号艇 新田・6号艇 平本が並走。

外の2号艇 藤岡が2艇身ほど後方。

2周2マーク、4号艇 新田が先に回り3着確定させた。

6号艇 平本は、後方から2号艇 藤岡が内へ切り返してきたため、4着まで。

3連単 1−3−4は、850円 1番人気。

安定板使用の荒れ水面。

3号艇 羽野には、惜しまれる一戦となった。

 

続きを読む >>

2017年12月 SG/G1優勝戦回顧録 その2

2017年12月24日

 

SG 第32回 グランプリ/シリーズ戦 住之江競艇場

 

第12R グランプリ優勝戦

 

1号艇 桐生順平 埼玉

2号艇 井口佳典 三重

3号艇 峰竜太 佐賀

4号艇 石野貴之 大阪

5号艇 毒島誠 群馬

6号艇 菊地孝平 静岡

 

進入 1(16)・3(19)・6(13)・2(30)・4(31)・5(31)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−2−3−6−5−4

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−2 340円 1番人気

2連勝複式 1=2 250円 1番人気

3連勝単式 1−2−3 940円 1番人気

3連勝複式 1=2=3 370円 1番人気

拡連複 1=2 140円 1番人気

    1=3 170円 2番人気

    2=3 270円 6番人気

単勝 1 140円

複勝 1 120円

   2 130円

 

[100文字回顧録]

6号艇 菊地孝平が前付け。

並びは、1(16)・3(19)・6(13)・2(30)・4(31)・5(31)

トップスタートは、3コースに入った6号艇 菊地。

大一番でもスタート野郎の本領発揮だ!!

ったのだが、2コース3号艇 峰竜太に止められた(´・ω・)

その隙に、インから1号艇 桐生順平が「逃げ」た!!

結果的に、3号艇 峰ナイスフォロー。

6号艇 菊地に気を取られたか、3号艇 峰の「差し」も差さらず。

2着争いは、3号艇 峰と2番差しの2号艇 井口。

1周2マーク、3号艇 峰は2号艇 井口を抑え込むが、内へ切り返した5号艇 毒島誠をかわすため大きくまわった。

これを、2マーク手前で外に開いた2号艇 井口の差しが捕らえる(・´з`・)

3号艇 峰は外から艇をぶつけて抑えようとするが、2号艇 井口は持ちこたえる。

今年の賞金1位で乗り込んだ、好調な3号艇 峰。

とはいえ、実績では2号艇 井口が上。

2周1マークへ。

内へ6号艇 菊地が切り返す。

2号艇 井口は握ってかわし、3号艇 峰は差す。

バックへ出て、2号艇 井口が一艇身前。

2周2マーク先マイで2着確保に成功!!

グランプリ2着は賞金でかい(・´з`・)

3着は、内に3号艇 峰・外に6号艇 菊地で並走で競っている。

2周2マーク、内から張りながら3号艇 峰が旋回し3着。

内小回りで5号艇 毒島が迫ったが、3周1マーク先マイで3着確定させた。

3連単 1−2−3は、940円 1番人気。

進入で動きがあり、道中も競り合いがあったものの、配当はかたかった。

桐生選手おめでとう(・´з`・)

 

 

 

2017年12月31日

 

プレミアムG1 第6回 クイーンズクライマックス 大村競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 遠藤エミ 滋賀

2号艇 小野生奈 福岡

3号艇 長嶋万記 静岡

4号艇 平高奈菜 香川

5号艇 寺田千恵 岡山

6号艇 海野ゆかり 広島

 

進入 1(12)・2(31)・3(19)・4(15)・5(16)・6(19)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−5−4−3−6−2

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−5 1720円 6番人気

2連勝複式 1=5 1630円 5番人気

3連勝単式 1−5−4 8190円 21番人気

3連勝複式 1=4=5 2090円 9番人気

拡連複 1=5 390円 6番人気

    1=4 190円 3番人気

    4=5 1150円 14番人気

単勝 1 110円

複勝 1 100円

   5 430円

 

[100文字回顧録]

進入は枠なり、1(12)・2(31)・3(19)・4(15)・5(16)・6(19)

インの1号艇 遠藤エミが、コンマ12のトップスタート!!

しかし、隣の2コース2号艇 小野生奈が凹んでいる(´・ω・)(コンマ31)

4カドの4号艇 平高奈菜が、3コース3号艇 長嶋万記に艇を当てて「まくり」を促す。

1マーク、3号艇 長嶋は「まくり」ではなく「まくり差し」を狙った(・´з`・)!!

2コースが凹んでおり、「差し」のような形でバックへ。

4号艇 平高は「差し」、5号艇 寺田千恵がその上を握って旋回。

バック中間、1号艇 遠藤の内へ3号艇 長嶋が迫る。

舳先が入ったように見えたが、1号艇 遠藤は引かずに3号艇 長嶋を抑え込むことに成功。

1周2マークを先マイ!!

これで、優勝は1号艇 遠藤の手に(*´з`)/

3号艇 長嶋は差し返し狙ったが、やや流れる。

その内懐へ、5号艇 寺田が差しを入れてきた。

2周1マーク、内の5号艇 寺田は冷静に旋回し逆転で2着。

握った3号艇 長嶋は3着は確保したか。

と思われたが、内から4号艇 平高が接近。

2周2マークを旋回し、ここでは3着。

しかし、3周1マークへ向かう動きの中、3号艇 長嶋の舳先が浮いてしまいターンマークを外した(´・ω・)

そのぽっかり空いた1マーク、4号艇 平高が差し込む。

バックに出ると、内に4号艇 平高・外が3号艇 長嶋の3着争いに。

最終3周2マーク、握らせないように4号艇 平高はターンマークを大きく回り、3号艇 長嶋は差すしかない�

2017年11月 SG/G1優勝戦回顧録

2017年11月7日

 

G1 児島キングカップ 開設65周年記念競走 児島競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 寺田祥 山口

2号艇 松井繁 大阪

3号艇 白井英治 山口

4号艇 前田将太 福岡

5号艇 森高一真 香川

6号艇 茅原悠紀 岡山

 

進入 1(13)・2(15)・3(12)・4(17)・5(16)・6(14)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−3−4−2−5−6

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−3 420円 2番人気

2連勝複式 1=3 370円 3番人気

3連勝単式 1−3−4 1340円 4番人気

3連勝複式 1=3=4 640円 3番人気

拡連複 1=3 170円 3番人気

    1=4 150円 1番人気

    3=4 330円 7番人気

単勝 1 150円

複勝 1 110円

   3 170円

 

[100文字回顧録]

進入は枠なり、1(13)・2(15)・3(12)・4(17)・5(16)・6(14)

イン1号艇 寺田祥が、危なげなく「逃げ」切ってみせた!!

今年はSG初制覇もあり、勢いがある。

G1はこれで、V5(∩´∀`)∩

2着は、同じく山口支部の3号艇 白井英治が入って、山口支部のワンツーフィニッシュ。

1マークを回って、2着優勢は2コース「差し」の2号艇 松井繁。

3号艇 白井は握って回り、松井の外だった。

1周2マーク、2番差しから4号艇 前田将太が内伸ばして2マークを先マイしたヽ(^o^)丿

2号艇 松井、一瞬握るor差しで迷ったのだろうか?

中途半端なターンで後退し、しっかり「差し」返した3号艇 白井が2着となった。

先マイの4号艇 前田が2周ホームで外、2号艇 松井が半艇身ほど後ろで内の隊形。

むかえた2周1マーク、半艇身前に出ている4号艇 前田が内の2号艇 松井の頭を抑えるように内へ切り返した!!

内から抵抗しようと2号艇 松井も動くが、4号艇 前田がやや強引に旋回しバックへ。

2周バック、4号艇 前田は3号艇 白井の引き波に乗ってしまった。

しかし、内から小回りして追走の2号艇 松井は届かない( ;´Д`)

4号艇 前田がしっかりと2号艇 松井の頭を抑えて、2マーク先マイで3着確定。

3連単 1−3−4は、1340円 4番人気。

地元岡山支部の6号艇 茅原悠紀は、準優のような勢いはみられず最後尾6着大敗(;^ω^)

5号艇 森高一真も、見せ場なく敗れた。

 

 

 

2017年11月9日

 

G1 ダイヤモンドカップ 蒲郡競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 石野貴之 大阪

2号艇 毒島誠 群馬

3号艇 中田竜太 埼玉

4号艇 林美憲 徳島

5号艇 魚谷智之 兵庫

6号艇 丸岡正典 大阪

 

進入 1(16)・2(15)・3(32)・4(13)・5(09)・6(10)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−5−4−2−3−6

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−5 900円 4番人気

2連勝複式 1=5 690円 4番人気

3連勝単式 1−5−4 3970円 17番人気

3連勝複式 1=4=5 1220円 6番人気

拡連複 1=5 210円 4番人気

    1=4 200円 2番人気

    4=5 720円 12番人気

単勝 1 120円

複勝 1 120円

   5 340円

 

[100文字回顧録]

進入は枠なり、1(16)・2(15)・3(32)・4(13)・5(09)・6(10)

3コース3号艇 中田竜太が凹んだ。

4カドの4号艇 林美憲にチャンス到来(●´ω`●)

しかし、1・2コースの二人が1マークまでに伸び返してきた。

4号艇 林が1マーク握って行くが、イン1号艇 石野貴之が「逃げ」る!!

回ってから一気に後続を引き離し、完勝と言える勝ちっぷり(^O^)/

2番手には、差した2号艇 毒島誠・まくり差した5号艇 魚谷智之がつける展開。

バック中間では、内に5号艇 魚谷・外が2号艇 毒島でガツガツやり合っていた。

むかえた1周2マーク、5号艇 魚谷の内へ3号艇 中田が接近。

これを握ってかわす5号艇 魚谷。

2号艇 毒島は、3号艇 中田をまわして差し返し。

2周ホームでは、握った5号艇 魚谷が、差した2号艇 毒島より外で半艇身ほど前。

2周1マーク、内から抵抗する2号艇 毒島に対し、5号艇 魚谷は引かずに力でねじ伏せ先マイ敢行!!

これで2号艇 毒島に競勝ち、5号艇 魚谷が2着確定(^o^)丿

ここで2号艇 毒島が引き波に乗る隙に、4号艇 林が差しを入れて内1艇身リードとかわった。

2周2マーク、外から握る2号艇 毒島だったが4号艇 林に張られ大きく流れた( ;´Д`)

3着は、4号艇 林で決着。

3連単 1−5−4は、3970円 17番人気。

勝った1号艇 石野は、これで賞金ランキングトップ!!

この後フライング休みに入るが、決定戦出場は確定済み(●´ω`●)

続きを読む >>

2017年10月 SG/G1優勝戦回顧録 その1

2017年10月1日

 

G1 競帝王決定戦 開設63周年記念競走 下関競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 白井英治 山口

2号艇 古賀繁輝 佐賀

3号艇 田中信一郎 大阪

4号艇 中島孝平 福井

5号艇 菊地孝平 静岡

6号艇 馬場貴也 滋賀

 

進入 1(17)・2(16)・3(12)・4(12)・5(17)・6(17)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−3−4−2−6−5

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−3 310円 1番人気

2連勝複式 1=3 260円 1番人気

3連勝単式 1−3−4 850円 1番人気

3連勝複式 1=3=4 450円 2番人気

拡連複 1=3 160円 2番人気

    1=4 180円 3番人気

    3=4 310円 5番人気

単勝 1 110円

複勝 1 100円

   3 140円

 

[100文字回顧録]

進入は枠なり、1(17)・2(16)・3(12)・4(12)・5(17)・6(17)。

中枠の二人が少し前。

しかし、イン1号艇 白井英治がスリット後しっかり伸び返す(*´▽`*)

地元山口支部の1号艇 白井が、下関競艇の周年タイトルをゲット!!

地元のタイトルを守った。

2着は、3号艇 田中信一郎。

1周バックでは、内から4号艇 中島孝平・真ん中に2号艇 古賀繁輝・そして大外に3号艇 田中で並走状態。

内から4号艇 中島が先マイも、マイシロが十分ではなくやや流れ気味(´・ω・`)

2号艇 古賀・3号艇 田中と差す展開から、3号艇 田中が2号艇 古賀の内へ艇を並べた。

この2艇が外へ艇を持ち出した。

そうすると、4号艇 中島は内へすぐさま動く。

2周1マーク、4号艇 中島が先に回ったが、3号艇 田中・2号艇 古賀が差し返す。

バックでは2号艇 古賀が3号艇 田中に迫ったが、3号艇 田中が冷静に抑え込んで2着確定(^o^)丿

ここら辺の捌きが、SG複数制覇している選手はしっかりしている(∩´∀`)∩

2号艇 古賀はこの後、3周1マークで4号艇 中島に逆転を許した。

2号艇 古賀が外の4号艇 中島を牽制しようとする前に、4号艇 中島は握っていった。

3連単 1−3−4は、850円 1番人気。

なんだか山口支部が調子いいヽ(^o^)丿

 

 

 

2017年10月7日

 

G1 開設65周年記念競走 海の王者決定戦 大村競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 原田幸哉 長崎

2号艇 羽野直也 福岡

3号艇 山田哲也 東京

4号艇 山口裕二 長崎

5号艇 赤坂俊輔 長崎

6号艇 新田泰章 広島

 

進入 1(13)・2(06)・3(09)・4(10)・5(14)・6(11)

()内は、スタートタイミング

最終着順 2−1−4−6−5−3

決まり手 差し

 

【払戻金】

2連勝単式 2−1 640円 4番人気

2連勝複式 1=2 180円 1番人気

3連勝単式 2−1−4 1930円 7番人気

3連勝複式 1=2=4 330円 1番人気

拡連複 1=2 110円 1番人気

    2=4 200円 4番人気

    1=4 170円 2番人気

単勝 2 390円

複勝 2 100円

   1 100円

 

[100文字回顧録]

進入は枠なり、1(13)・2(06)・3(09)・4(10)・5(14)・6(11)。

2号艇 羽野直也が、G1初優出初優勝を決めた!!

2コースからコンマ06のトップスタート(^O^)/

「まくり」に行くが、インの1号艇 原田幸哉がコンマ13のスタートから伸び返し抵抗。

ここで2号艇 羽野は「差し」に切り替えた(∩´∀`)∩

絶好の「差し」場が生まれるはずだった3号艇 山田哲也は、2号艇 羽野が「差し」に切り替えたため差せず。

少し2号艇 羽野に接触してしまい、大きく後退した。

4号艇 山口裕二は握り、5号艇 赤坂俊輔・6号艇 新田泰章は「差し」を選択。

しかし、前には届かない。

優勝争いは、1マーク先マイ果たした1号艇 原田、「差し」た2号艇 羽野のしぼられた。

バック中間で、2号艇 羽野が1号艇 原田に並んだ\(^o^)/

もちろん1号艇 原田はしめようとするが、2号艇 羽野の足が良くしめられず。

1周2マーク、1号艇 原田が握って行くが若干流れ気味。

2号艇 羽野もターンマークを外し気味だったが、ここで先頭に立ち、残りのターンマークをしっかり回りG1初優勝!!

登録番号4800番台の22歳。

これは今後に期待が持てるような気がするヽ(^o^)丿がんばって

2着は1号艇 原田で、今年の大村競艇場G1連続優勝はならず・・・。

3着は、1周2マークで握って回った4号艇 山口。

4着以降とは差があり、このまま3着でゴールした。

3連単 2−1−4は、1930円 7番人気。

続きを読む >>

2017年10月 SG/G1優勝戦回顧録 その2

2017年10月29日

 

SG 第64回ボートレースダービー(全日本選手権) 平和島競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 魚谷智之 兵庫

2号艇 白井英治 山口

3号艇 峰竜太 佐賀

4号艇 今垣光太郎 福井

5号艇 前本泰和 広島

6号艇 深川真二 佐賀

 

進入 1(15)・6(17)・2(17)・3(20)・5(19)・4(49)

()内は、スタートタイミング

最終着順 6−1−2−3−5−4

決まり手 差し

 

【払戻金】

2連勝単式 6−1 8850円 24番人気

2連勝複式 1=6 1540円 8番人気

3連勝単式 6−1−2 27170円 80番人気

3連勝複式 1=2=6 1280円 7番人気

拡連複 1=6 470円 10番人気

    2=6 250円 4番人気

    1=2 210円 2番人気

単勝 6 1490円

複勝 6 450円

   1 130円

 

[100文字回顧録]

6号艇 深川真二が2コースまで動いた。

並びは、1(15)・6(17)・2(17)・3(20)・5(19)・4(49)。

ピット離れが悪かった4号艇 今垣光太郎。

大外回りとなり、6コース単騎のダッシュ戦となった。

これがコンマ49の信じられないレベルのスタートタイミングで、1マークむかえる前に早くも終了(@_@)

トップスタートのイン1号艇 魚谷智之が先マイ!!

しかし、前付け2コースの6号艇 深川の「差し」が届いた( ;´Д`)

1周2マーク、外の1号艇 魚谷が握って回るが流れる。

ここで6号艇 深川が先頭へ。

SG初優勝が見えてきたが、2周1マーク、1号艇 魚谷が鋭く差し迫った。

外が6号艇 深川で少し前に出ているが、もちろん1号艇 魚谷もひかないヽ(^o^)丿

2周2マーク、外の6号艇 深川が全速旋回、内の1号艇 魚谷はターンマークを小回り。

中継の映像は、この優勝争いじゃなく何故か3着争いを映していた(;^ω^)

信じられない・・・。

この全速ターンで6号艇 深川が抜け出し、3周1マークも冷静に旋回。

SG初優勝だ!!

峰竜太(SGオーシャンカップ)に続き、今年は佐賀支部のSG初優勝が二つ目。

1号艇 魚谷は悔しい2着。

3着は、最終3周2マークで2号艇 白井英治と5号艇 前本泰和が大競り。

5号艇 前本が外に流れ5着まで着を落とした。

2号艇 白井も流れ気味だったが、後ろから迫る3号艇 峰を抑えて3着入線。

写真判定だった。

3連単 6−1−2は、27170円 80番人気。