SG 第17回賞金王決定戦/シリーズ戦 住之江競艇場

2002年12月23日

 

SG 第17回賞金王決定戦/シリーズ戦 住之江競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 濱野谷憲吾

2号艇 今垣光太郎

3号艇 植木通彦

4号艇 田中信一郎

5号艇 松井繁

6号艇 野澤大二

 

進入 1(22)・2(37)・5(34)・3(13)・4(06)・6(11)

()内は、スタートタイミング

最終着順 3−4−6−2−1−5

決まり手 まくり

 

【払戻金】

2連勝単式 3−4 1750円 9番人気

2連勝複式 

3連勝単式 3−4−6 12450円 51番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

進入で5号艇 松井繁が動き3コースに。

並びは、1(22)・2(37)・5(34)・3(13)・4(06)・6(11)。

スタートがすべてだった。

内3艇がスタート後手をふみ、3号艇 植木通彦が4コースから内3艇をしぼる展開(; ・`д・´)!!

3コース5号艇 松井繁がコンマ34、4コース3号艇 植木通彦がコンマ13。

1艇身まるまる前にいる展開に、内水域はどうしようもない。

4コース植木を頭に、5コース6コースと続く。

やはり植木は強い!!

安定感より、ここ一番の勝負強さが魅力の選手だ。

 

SG 第17回賞金王決定戦/シリーズ戦 住之江競艇場

2002年12月23日

 

SG 第17回賞金王決定戦/シリーズ戦 住之江競艇場

 

第10R 優勝戦

 

1号艇 大賀広幸

2号艇 矢後剛

3号艇 平石和男

4号艇 天野晶夫

5号艇 太田和美

6号艇 川北浩貴

 

進入 1(05)・2(10)・5(07)・3(08)・4(11)・6(12)

()内は、スタートタイミング

最終着順 5−1−4−2−6−3

決まり手 抜き

 

【払戻金】

2連勝単式 5−1 1920円 9番人気

2連勝複式 

3連勝単式 5−1−4 13020円 45番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

進入で動きを見せたのは、5号艇 太田和美。

1(05)・2(10)・5(07)・3(08)・4(11)・6(12)の進入となった。

5号艇 太田は賞金王決定戦を勝っている。

シリーズ戦への参戦は悔しいだろう。

レース本番、スタートはほぼ横一線(; ・`д・´)!!

1号艇 大賀広幸がトップスタート(コンマ05)から逃げたか!?

と思われたが、3コースから握って回った太田和美が、2マークで差す。

大賀は固くなっていたのかもしれないし、太田は意地を見せたかったはず。

1着優勝は5号艇 太田。

2着に大賀。

2連単5−1 1920円の9番人気。

太田は5号艇ながら、やはり格上の存在として人気を集めたようだ。 

G1 モーターボート大賞 大村競艇場

2002年12月13日

 

G1 モーターボート大賞 大村競艇場 *優勝者 原田幸哉

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 

2号艇 

3号艇 

4号艇 

5号艇 

6号艇 

 

進入 

()内は、スタートタイミング

最終着順 

決まり手

 

【払戻金】

2連勝単式 

2連勝複式 

3連勝単式 

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

G1 戸田グランプリ 開設46周年記念競走 戸田競艇場

2002年12月10日

 

G1 戸田グランプリ 開設46周年記念競走 戸田競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 山崎智也

2号艇 前田光昭

3号艇 瀬尾達也

4号艇 川崎智幸

5号艇 松井繁

6号艇 秋山直之

 

進入 1(02)・3(10)・5(13)・6(02)・2(03)・4(09)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−2−6−5−3−4

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−2 1280円 5番人気

2連勝複式 

3連勝単式 1−2−6 5350円 21番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

戸田の周年記念。

スタート巧者 3号艇 瀬尾達也が進入で動き、5号艇6号艇も中枠へ。

インの1号艇 山崎智也が、コンマ02の早いスタートから逃げた!!

2コース3号艇 瀬尾、3コース5号艇 松井も一艇身のスタートを放つ。

しかしこのレース、他4選手は0台の踏み込みを見せた(; ・`д・´)

4コースコンマ02の6号艇 秋山が内攻めて3着。

それをマークしていた5コース2号艇 前田光昭が差して2着にはいった!!

勝ったものの、0台前半スタートの3選手は、あとで注意を受けたかもしれないね(´・ω・`)

SG 第5回競艇王チャレンジカップ 津競艇場

2002年12月1日

 

SG 第5回競艇王チャレンジカップ 津競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 植木通彦

2号艇 池田浩二

3号艇 石田政吾

4号艇 田中信一郎

5号艇 今村豊

6号艇 倉谷和信

 

進入 1(14)・2(15)・3(11)・6(17)・5(17)・4(22)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−2−3−6−5−4

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−2 440円 1番人気

2連勝複式 

3連勝単式 1−2−3 1260円 2番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

賞金王出場へのラストチャンス。

6号艇 倉谷和信が4コース、4号艇 田中信一郎が大外まわりとなった。

インは1号艇 植木通彦で賞金上積みをはかる。

植木のスタートコンマ14、その外も0台なし。

こうなると植木は逃げる!!

あとは2コースが差し、3コースが握り1−2−3か1−3−2。

2マーク的確なターンで2号艇 池田浩二が2着。

2連単 1−2は1番人気の決着。

植木が賞金をさらに上積みして、賞金王へ!!