2002年12月 SG/G1優勝戦回顧録 その1

2002年12月1日

 

SG 第5回競艇王チャレンジカップ 津競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 植木通彦

2号艇 池田浩二

3号艇 石田政吾

4号艇 田中信一郎

5号艇 今村豊

6号艇 倉谷和信

 

進入 1(14)・2(15)・3(11)・6(17)・5(17)・4(22)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−2−3−6−5−4

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−2 440円 1番人気

2連勝複式 

3連勝単式 1−2−3 1260円 2番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

賞金王出場へのラストチャンス。

6号艇 倉谷和信が4コース、4号艇 田中信一郎が大外まわりとなった。

インは1号艇 植木通彦で賞金上積みをはかる。

植木のスタートコンマ14、その外も0台なし。

こうなると植木は逃げる!!

あとは2コースが差し、3コースが握り1−2−3か1−3−2。

2マーク的確なターンで2号艇 池田浩二が2着。

2連単 1−2は1番人気の決着。

植木が賞金をさらに上積みして、賞金王へ!!

 

 

 

2002年12月10日

 

G1 戸田グランプリ 開設46周年記念競走 戸田競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 山崎智也

2号艇 前田光昭

3号艇 瀬尾達也

4号艇 川崎智幸

5号艇 松井繁

6号艇 秋山直之

 

進入 1(02)・3(10)・5(13)・6(02)・2(03)・4(09)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−2−6−5−3−4

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−2 1280円 5番人気

2連勝複式 

3連勝単式 1−2−6 5350円 21番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

戸田の周年記念。

スタート巧者 3号艇 瀬尾達也が進入で動き、5号艇6号艇も中枠へ。

インの1号艇 山崎智也が、コンマ02の早いスタートから逃げた!!

2コース3号艇 瀬尾、3コース5号艇 松井も一艇身のスタートを放つ。

しかしこのレース、他4選手は0台の踏み込みを見せた(; ・`д・´)

4コースコンマ02の6号艇 秋山が内攻めて3着。

それをマークしていた5コース2号艇 前田光昭が差して2着にはいった!!

勝ったものの、0台前半スタートの3選手は、あとで注意を受けたかもしれないね(´・ω・`)

続きを読む >>

2002年12月 SG/G1優勝戦回顧録 その2

2002年12月23日

 

SG 第17回賞金王決定戦/シリーズ戦 住之江競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 濱野谷憲吾

2号艇 今垣光太郎

3号艇 植木通彦

4号艇 田中信一郎

5号艇 松井繁

6号艇 野澤大二

 

進入 1(22)・2(37)・5(34)・3(13)・4(06)・6(11)

()内は、スタートタイミング

最終着順 3−4−6−2−1−5

決まり手 まくり

 

【払戻金】

2連勝単式 3−4 1750円 9番人気

2連勝複式 

3連勝単式 3−4−6 12450円 51番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

進入で5号艇 松井繁が動き3コースに。

並びは、1(22)・2(37)・5(34)・3(13)・4(06)・6(11)。

スタートがすべてだった。

内3艇がスタート後手をふみ、3号艇 植木通彦が4コースから内3艇をしぼる展開(; ・`д・´)!!

3コース5号艇 松井繁がコンマ34、4コース3号艇 植木通彦がコンマ13。

1艇身まるまる前にいる展開に、内水域はどうしようもない。

4コース植木を頭に、5コース6コースと続く。

やはり植木は強い!!

安定感より、ここ一番の勝負強さが魅力の選手だ。

2002年11月 SG/G1優勝戦回顧録

2002年11月4日

 

G1 第49回全日本選手権競走 平和島競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 原田幸哉

2号艇 仲口博崇

3号艇 白井英治

4号艇 西田靖

5号艇 植木通彦

6号艇 池田浩二

 

進入 1(15)・2(19)・3(19)・4(27)・5(25)・6(27)の枠なり進入

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−5−3−6−4−2(失格)

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−5 1210円 3番人気

2連勝複式 

3連勝単式 1−5−3 4190円 11番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

伝統の権威ある全日本選手権競走(∩´∀`)∩

進入は、誰も譲らず枠なり進入となった。

トップスタート決めたのは、イン1号艇 原田幸哉!!

こうなると、1マークをとにかくミスなく回るのみ(*´з`)

プレッシャーに負けずイン逃げを決めた!!

続いたのは、5号艇に乗艇した植木通彦。「艇王」のニックネームに恥じない走りで2着に入った。

3着に3号艇 白井英治。

2号艇 仲口博崇は失格で、同県の後輩・原田の優勝をある意味サポートした。

 

 

 

2002年11月14日

 

G1 全日本覇者決定戦 開設50周年記念競走 若松競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 新美恵一

2号艇 今村暢孝

3号艇 山崎智也

4号艇 原田順一

5号艇 濱村芳宏

6号艇 太田和美

 

進入 1(09)・2(14)・3(13)・4(16)・5(29)・6(27)の枠なり進入

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−3−2−4−5−6

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−3 660円 2番人気

2連勝複式 

3連勝単式 1−3−2 1740円 3番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

2号艇 今村暢孝も、さすがに2コースなら動かない。

4号艇には地元の先輩・原田順一が乗っている。進入は枠なりに落ち着いた。

5・6号艇はスタート20台後半で何もできず、インからコンマ09のトップスタートから1号艇 新美恵一が逃げ完勝!!

2号艇は差し、3号艇は握る、4号艇は2番差しの展開。

2着は、1マーク握って優位に立った3号艇が入着。

3着は、手堅く差した2号艇 今村で、3連単1−3−2 1740円 3番人気だった。

ベテラン原田順一の優勝を、舟券予想とは別に願ったファンは多いと思われる。

続きを読む >>

2002年10月 SG/G1優勝戦回顧録 

2002年10月8日

 

G1 第30回高松宮記念特別競走 住之江競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 松井繁

2号艇 島川光男

3号艇 吉川元浩

4号艇 倉谷和信

5号艇 中里英夫

6号艇 仲口博崇

 

進入 1(10)・2(08)・3(07)・4(24)・5(20)・6(25)の枠なり進入

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−4−2−3−6−5

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−4 860円 3番人気

2連勝複式 

3連勝単式 1−4−2 3100円 9番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

高松宮記念特別競走は、住之江のみで開催されるG1である。

優勝戦 インに1号艇 松井繁がすわる。

進入は枠なりとなり、松井の逃げ濃厚。

スタート!!1・2・3コースがスタート踏み込み、イン松井は逃げる!!

2号艇 島川光男は差すしかない(´・ω・`)

なら3号艇は握る。で、4号艇は、スタート後手踏んだため2番差し。

3号艇 吉川元浩を意識した2号艇 島川は、4号艇 地元の倉谷の差しに先んじられてしまった!!

意外と乗りにくいという住之江競艇場で、走り慣れた地元大阪勢のワンツーで決着。

 

 

 

2002年10月8日

 

G1 全日本王座決定戦 開設50周年記念競走 芦屋競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 木下繁美

2号艇 岩崎正哉

3号艇 市川哲也

4号艇 瓜生正義

5号艇 今村暢孝

6号艇 山口浩司

 

進入 1(11)・2(13)・3(11)・4(12)・5(09)・6(09)の枠なり進入

()内は、スタートタイミング

最終着順 2−1−4−5−6−3

決まり手 差し

 

【払戻金】

2連勝単式 2−1 1220円 7番人気

2連勝複式 

3連勝単式 2−1−4 4150円 16番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

進入は枠なりに落ち着いた。

5号艇 今村暢孝が動くと思われたが、内が先輩&同県ということで気を使ったか(´・ω・`)?

スタートは、綺麗に一艇身スタートで横並びに!

イン1号艇 木下繁美が逃げると思われたが、2号艇 岩崎正哉の差しが内に入った!!

2−1態勢で決まり、3着は4コースから差しあがって4号艇 瓜生がとりきった。

3号艇 市川哲也はスタートで出し抜くことができず、6着大敗(´Д⊂ヽ

地元福岡勢が強さを見せた!!

続きを読む >>

2002年9月 SG/G1優勝戦回顧録 その1

2002年9月1日

 

SG 第48回モーターボート記念競走 蒲郡競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 濱野谷憲吾

2号艇 今垣光太郎

3号艇 岡本慎治

4号艇 新美恵一

5号艇 西田靖

6号艇 田村隆信

 

進入 2(10)・4(11)・3(15)・1(13)・5(14)・6(16)

()内は、スタートタイミング

最終着順 2−1−4−3−6−5

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 2−1 510円 2番人気

2連勝複式 

3連勝単式 2−1−4 1270円 3番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

1号艇 濱野谷憲吾は4コースまで出される(;^ω^)

進入は、2(10)・4(11)・3(15)・1(13)・5(14)・6(16)

波に乗る2号艇 今垣光太郎が、イン奪取からのイン逃げ!!

今垣が強い!!

1号艇での優出生かせなかった濱野谷。

2着に入るも、非常にもったない結末(ToT)/

ほんとにもったいない1戦。今夜は絶対寝られないと思う。

 

 

 

2002年9月10日

 

G1 赤城雷神杯 開設46周年記念競走 桐生競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 原田富士男

2号艇 山本浩次

3号艇 辻栄蔵

4号艇 山崎智也

5号艇 勝野竜司

6号艇 江口晃生

 

進入 6(23)・1(17)・2(14)・4(21)・3(18)・5(21)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−2−4−3−5−6

決まり手 まくり

 

【払戻金】

2連勝単式 1−2 1820円 8番人気

2連勝複式 

3連勝単式 1−2−4 3750円 13番人気

3連勝複式 

拡連複 

    

    

単勝 

複勝 

   

 

[100文字回顧録]

6号艇 江口晃生が、地元周年を取りに行く。

6号艇でインコース奪取し、気合パンパン!!

並びは、6(23)・1(17)・2(14)・4(21)・3(18)・5(21)。

イン江口のスタートが悪い(;^ω^) しかも、強引な進入の影響かスリット後伸びない。

2コース1号艇 原田富士男のジカまくりをくらい・・・。

次々旋回し、2・3・4コースの1・2・4号艇の順にゴール。

2連単1−2は、地元2強の4号艇 山崎智也が3着のため比較的高配当になった。

江口は最下位。

続きを読む >>