G1 競帝王決定戦 開設64周年記念競走 下関競艇場

2018年6月14日

 

G1 競帝王決定戦 開設64周年記念競走 下関競艇場

 

第12R 優勝戦

 

1号艇 峰竜太 佐賀

2号艇 江夏満 福岡

3号艇 馬場貴也 滋賀

4号艇 山崎智也 群馬

5号艇 池田浩二 愛知

6号艇 金子拓矢 群馬

 

進入 1(16)・2(15)・3(15)・4(15)・5(16)・6(19)

()内は、スタートタイミング

最終着順 1−2−3−6−4−5

決まり手 逃げ

 

【払戻金】

2連勝単式 1−2 270円 1番人気

2連勝複式 1=2 210円 1番人気

3連勝単式 1−2−3 730円 1番人気

3連勝複式 1=2=3 350円 1番人気

拡連複 1=2 120円 1番人気

    1=3 170円 2番人気

    2=3 250円 5番人気

単勝 1 120円

複勝 1 100円

   2 160円

 

[100文字回顧録]

進入は枠なり、1(16)・2(15)・3(15)・4(15)・5(16)・6(19)

スリットは横一線。

インから先マイの1号艇 峰竜太を「差し」てくる2号艇 江夏満。

バックに出て2号艇 江夏の舳先がかかりそうだった。

1号艇 峰が立ち上がってすぐ前をしめたが、2号艇 江夏はもう少しねばれたのでは( ;´Д`)?

すぐに艇を外に持ち出し、2マーク差し返し勝負へ!!

1号艇 峰が先マイし、2号艇 江夏は狙いすました差し返しターン\(^o^)/

届きそう( *´艸`)と思ったが、また1号艇 峰がすぐに前をしめた。

2周1マーク、1号艇 峰が差されないよう旋回。

差し場なく2号艇 江夏は優勝を手にできなかった。

1周バックで、もう少し1号艇 峰に内からプレッシャーかけて欲しかった。

後方の3着争いは、3号艇 馬場貴也・4号艇 山崎智也・6号艇 金子拓矢が競る形に。

2周1マークを回って、内から4・6・3号艇の並びで横一線。

むかえた2周2マーク、外を握って回った3号艇 馬場が前に出た。

3周1マーク、先に回る3号艇 馬場が3着争いから抜け出し3着確定させた。

3連単 1−2−3は、730円 1番人気。

ターンミスが少ない記念レースでは、基本コーナーを先に回った艇が前出る気がする。

2号艇 江夏選手には、1号艇 峰を内から弾き飛ばすぐらいの気持ちが欲しかった。

引くのが早すぎた(´・ω・)

というか、1マーク出口ってあんなに早く内しめていいんだっけ?